2008年09月30日

UPWの学び Part2 アウトスタンディングな人生を・・・



アンソニーロビンズの
UPW(Unleash The Power Within)
紹介された動画を発見しましたので
ココでシェアしたいと思いアップしました!

1996年
アトランタオリンピック 団体女子決勝

ロシアvsアメリカ
最後の最後まで、
アメリカと熾烈な金メダル争いを繰り広げていたロシア。
アメリカの最終演技者・・・
ケリー・ストラッグが一度目の跳馬で失敗します。
彼女は大切な足を痛めてしまうんです。。。
その時、ロシアチームはメダルを確信したかもしれません。。。

しかし、結果は・・・

ケリーが捨て身の演技を行うんですね!!!

まさしく アウトスタンディング!!!

ブラボー!!!!!

私は、これを観たとき
感動で・・・
涙がとまらなくなりました!

あくまでも憶測ですが・・・
ケリーは一流のアスリートとして
いつもエクセレントな演技を心がけていた。
でも、大切な舞台で
それもオリンピックの決勝という晴舞台の
一番大切な場面で、一回目を失敗・・・
そして、足まで痛めてしまう。

ココで、彼女は考えたと思うんです。

いつもの演技をこころがけても
痛めた足では、エクセレントなレベルに達しないだろう。。。

「よーし アウトスタンディングな演技にチャレンジだ〜!」

そして、ケリーは助走を始め・・・

みんなが驚く、アウトスタンディングな演技をやってのける!

それも・・・
片足での見事な着地!!!!!


おっと・・・
この動画が紹介されたのは
トニー(アンソニーロビンズ)が
エクセレント・・・
まだ まだ・・・
どうせならアウトスタンディングな生き方、人生を目指そう〜!
という話をしているときに
まさにメタファー的にこの動画が使われました。

トニー 曰く

みんな最高の人生を望んでいる

そして・・・
どうせやるなら・・・

エクセレントで満足するんではなく
アウトスタンディングな人生を目指そう〜!

エクセレントとアウトスタンディングは
実は、ちょっとした差
 ほんの少しの努力や
 ほんの少しの頑張りでしか
       ないかもしれない

でも、その
ちょっとした差が・・・
その差の積み重ねが・・・
アウトスタンディングな人生に導いてくれる。


ケリーの演技も
同じことが言えるかもって思いました!!!

いつものエクセレントな演技と
今回のアウトスタンディングな演技の差は・・・
もしかしたら、ほんのわずかの頑張りの差だったかもしれません。

でも、それが奇跡を呼び・・・

その結果、アメリカを優勝に導いたんですね。

ホント ドラマですね!!!


私もアウトスタンディングな
    人生にチャレンジしたいと思いました!

みんなでアウトスタンディングな生き方を・・・

やっほー 人生って ステキですね!!!

ドラマは メタファー になります・・・
posted by Indyナカニシ at 17:18| 大阪 ☔| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。